ドミール南陽

第1回 公徳会オープン介護セミナー開催の御礼

 置賜地区、居宅介護支援事業所を対象としたオープン介護セミナーが10月17日、ドミール南陽デイケア、ショートステイで開かれ、関係者約30名にご参加いただきました。見学会では、実際に運動機器の体験をしていただき、理学療法士によるリハビリと機能訓練の違いや介入後の効果についての事例紹介を行いました。
 講演は(株)ナレッジマネジメント研究所の統括フォローで、昨年8月から当法人の相談役として服務している石垣修一氏が講師を務め、大改革と言われる2018年医療・介護報酬同時改定へ向けた論点を、介護給付分科会における審議の内容や経営実態調査の調査結果等、報酬改定を4つの要素に分けて解説していただきました。
 参加された方々のアンケートから、見学会の内容について「実際の取り組みを見学し機能向上に大変有効な取り組みと感じた」「利用を勧めたい対象が明確になった」非常に良かったという意見を90%以上の方から評価していただきました。
 講演会の内容についても、「今後の動向を知る事ができ大変参考になった」「介護保険に沿ったケアプラン作成が大切」など多数のご意見をいただきました。
 これからも、地域に根差した選ばれる施設を目指し、ご利用者さまの心身機能維持回復を図り、生活機能の維持と向上を目的とした専門的援助を行ってまいります。
 ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。
s-DSCF8337 s-DSCF8402 s-DSCF8408 s-DSCF8372